• サイトマップ
  • こんな症状があれば…

    鼻血がしょっちゅう出て困っている

    鼻血の大半は鼻の入り口の粘膜の血管が切れることによって起こります。鼻血の量が多い場合は、電気メスで鼻の粘膜を焼く治療をすると効果がありますのでご相談ください。

    電気メス

    電気メス


    ▲症例一覧に戻る

    黄色い鼻が続き、頭痛やほほが重く感じる

    副鼻腔炎(ちくのう症)が疑われます。鼻の診察後、レントゲン(場合によりファイバースコープ)で副鼻腔の状態を調べます。なんとなく鼻が臭い・口が臭い・鼻がつまって眠りにくい方などにも、隠れた副鼻腔炎の可能性があります。

    レントゲン室

    レントゲン室


    ▲症例一覧に戻る

    年中花粉症のような感じで薬をずっと飲んでいるが不安

    当院では、アレルギー性鼻炎のレーザー治療をおこなっています。次のような方には、レーザーをお薦めしています。
    (1)年中症状があり、鼻つまりのひどい方
    (2)季節性の花粉症で薬が効かない方
    (3)薬を飲みたくない方

    炭酸ガスレーザー

    炭酸ガスレーザー


    ▲症例一覧に戻る

    春のみ花粉症が強いため、予防に薬を飲みたい

    季節前投与をすると薬の効果が高いといわれています。例えばスギの花粉症の場合は、2月の上旬より薬を飲むと3月からのひどい鼻炎の症状がある程度抑えられるといわれています。

    ▲症例一覧に戻る

    ページの先頭に戻る

    いかい耳鼻咽喉科 大阪府交野市森北1-22-6 磐船合同医療ビル6F TEL:072-810-8711